心に残しておきたい景色、光景

風呂屋内探索:

最新の投稿へ
建築物3
 UfTymbcs
建築物3@風景板44750
古い建物などを中心に貼ります

スレ画は芝川ビルディング(大阪市中央区)
このスレッドは50を超えたため、書き込みできません
[1] UfTymbcs
建築物3@風景板44750-1
芝川ビルディングの玄関周り

旧名:芝蘭社家政学園(大阪市中央区伏見町3−3−3)
設計:渋谷五郎(基本・構造設計)、本間乙彦(意匠設計)
竣工:1927年 国の登録有形文化財
マヤ・インカ文明を思わせる装飾は竜山石でできており、
ひどく傷んでいた玄関上(2階の窓の下)の部分は
2009年に修復されています。
[2] OnmwWP8s
建築物3@風景板44750-2
谷松屋戸田商店の蔵(大阪市中央区伏見町3−3−10)

昭和初期くらいに建てられたと思しき3階建の蔵。
入り口まわりに洋風の装飾が施されています。
[3] OnmwWP8s
建築物3@風景板44750-3
北川金物店(大阪市中央区高麗橋3−2−9)
[4] 1RZdXazd
建築物3@風景板44750-4
旧大阪教育生命保険ビル(大阪市中央区高麗橋2−6−4)

設計:辰野・片岡建築事務所 竣工:1912年
大中証券、フレンチレストランを経て、現在は結婚式場の
オペラ・ドメーヌ高麗橋。右隣は日本基督教団浪花教会。
2013年に、面している三休橋筋の電線の地下埋設と電柱の
完全撤去が完了し、見栄えがよくなりました。
以前の様子
ttp://img.jerog.com/scenery/i/1376057475474.jpg
[5] 1RZdXazd
建築物3@風景板44750-5
同上・玄関部分

竣工当初、角部分は円筒形の塔屋で、いかにも辰野金吾作品
らしく尖塔のような急勾配の屋根がついていました。
後に道路拡張のため減築された際、旧部材を用いて今の角部
分が作られたそうです。
[6] m6TVVt2s
建築物3@風景板44750-6
日本基督教団浪花教会(大阪市中央区高麗橋2−6−2)

設計:竹中工務店 竣工:1930年
ヴォーリズが設計指導したということです。
電線が邪魔をしていた頃の様子。 ttp://img.jerog.com/scenery/i/1376143885633.jpg
[7] m6TVVt2s
建築物3@風景板44750-7
同上・塔屋(北入口)など
[8] m6TVVt2s
建築物3@風景板44750-8
同上・南入口
[9] hyBA1yu6
建築物3@風景板44750-9
旧児島嘉助邸(吉兆本店 大阪市中央区高麗橋2−6−7)

竣工:1937年 1949年から吉兆の本店
資本関係が一切なかった船場吉兆の不祥事のせいで、ここの
評判まで落ちてしまったことが思い出されます。
[10] hyBA1yu6
建築物3@風景板44750-10
旧児島嘉助邸(東側から)

奥に[4]の旧大阪教育生命保険ビルと[6]の日本基督教団浪花教会
が見えています。
右端にちらっと写っているのは[3]の北川金物店。
[11] hyBA1yu6
建築物3@風景板44750-11
荒木蓬莱堂(大阪市中央区高麗橋2−4−12)

虫籠窓や袖うだつがありますが、一風変わったデザインの町家。
側面を見ると、店舗棟の前後がアンバランスな形状をしていて、
道路拡張のため切り詰められたことが想像されます。
[12] rZRJx9tU
建築物3@風景板44750-12
武田道修町ビル(旧武田長兵衞商店本店 大阪市中央区道修町2−3−6)

設計:片岡建築事務所(松室重光) 竣工:1928年
当初の3階建から増築されて今の姿に。
[13] rZRJx9tU
建築物3@風景板44750-13
同上・旧玄関部分

増築部分に新しい入口が作られたため塞がれてしまい、
何だか宙ぶらりんな感じになってしまっています。
[14] rZRJx9tU
建築物3@風景板44750-14
同上・南側から

増築部分も意匠は統一されています。
[15] dK86saRc
建築物3@風景板44750-15
小川香料大阪支店(大阪市中央区平野町2−5−5)

設計:本間乙彦 竣工:1930年 国登録有形文化財
玄関が2つあって、これは1階の入口だそうです。
全体図は以前に貼りました。
 ttp://img.jerog.com/scenery/i/1376834973652.jpg
[16] dK86saRc
建築物3@風景板44750-16
同上

ステンドグラスが美しいこちらは上階への入口。
[17] tHRhvziQ
建築物3@風景板44750-17
船場ビルディング(大阪市中央区淡路町2−5−8)

設計:村上徹一 竣工:1925年 国登録有形文化財
1階外壁の白っぽいタイル部分は後の改変によるもの。
竣工当初、中央入口はアーチ型をしており、淡褐色のタイル部分の
最上部に装飾があるなど、もう少し華やかな外観だったようです。
[18] tHRhvziQ
建築物3@風景板44750-18
船場ビルディング・2

玄関の中がスロープなのは、トラックや荷馬車などが入れるように
するためだったそうです。
床には木煉瓦が使われていて、所々に木目が見えます。
[19] tHRhvziQ
建築物3@風景板44750-19
船場ビルディング・3

内部にはパティオ風中庭があり、見上げると空が覗いています。
[20] tHRhvziQ
建築物3@風景板44750-20
船場ビルディング・4

中庭の両側に各部屋が並ぶ構成になっています。
[21] tHRhvziQ
建築物3@風景板44750-21
船場ビルディング・5

2階から見た様子。
回廊の手すり、ドア、窓枠は木製で温かみを感じさせます。
[22] tHRhvziQ
建築物3@風景板44750-22
船場ビルディング・6

3階。
このビルの施主・桃谷政次郎は、明色アストリンゼンで有名な
桃谷順天館の創業者。
[23] RouxDuSd
建築物3@風景板44750-23
新和産業(大阪市中央区平野町2−2−5)

戦後物件でしょうが、詳細は分かりません。
角部の逆カーブがユニークで、窓下の×印も可愛らしいw
[24] RouxDuSd
建築物3@風景板44750-24
生駒ビルヂング(大阪市中央区平野町2−2−12)

設計:宗兵蔵 竣工:1930年 国登録有形文化財
以前貼った画は、時計塔の下の振り子を模した意匠が街路樹に
隠されていました。
 ttp://img.jerog.com/scenery/i/1377359711626.jpg
[25] RouxDuSd
建築物3@風景板44750-25
喫茶 新北浜(大阪市中央区平野町1−7−11)

看板建築的なものにも見える昭和レトロな喫茶店。
レトロ感はありますが、大して古くないかもしれません。
[26] PgT3vw0k
建築物3@風景板44750-26
フジカワビル(フジカワ画廊 大阪市中央区瓦町1−7−3 )

設計:村野藤吾(村野・森建築事務所) 竣工:1952年
前面にガラスブロックを多用したモダン建築。
[27] PgT3vw0k
建築物3@風景板44750-27
同上
[28] PgT3vw0k
建築物3@風景板44750-28
同上

画廊として建てられたので、手すりの造形も凝っています。
[29] rTcGRZa6
建築物3@風景板44750-29
岸本瓦町邸(旧岸本吉左衛門邸 大阪市中央区瓦町1−2−1)

設計:笹川慎一(住友工作部) 竣工:1931年 国登録有形文化財
旧住友本館と同じ竜山石を使った石積み風の外観はオフィスビルの
ようにも見えますが、元々邸宅として建てられたもの。
[30] rTcGRZa6
建築物3@風景板44750-30
同上・玄関部分

西洋美術品のコレクターだった岸本吉左衛門(五代目)は、耐火性を
重視してこの洋館を建てたため、戦災を乗り越えられたそうです。
[31] rTcGRZa6
建築物3@風景板44750-31
同上・通用口など

外面と違って内部は豪華な作りで、今でも美術品など貴重なものが
多く保存されているといいます。そのためか入口や窓はシャッター
で堅く閉ざされ、近寄りがたい雰囲気が漂っています。
[32] rTcGRZa6
建築物3@風景板44750-32
同上・背面

ベイウィンドウが確認できます。
[33] e0owJZhU
建築物3@風景板44750-33
三立土地建物(大阪市中央区平野町1−6−12)

3階建の町家。2・3階の窓がアルミサッシに変えられるなど
改装もされていますが、雰囲気は残っていますね。
[34] e0owJZhU
建築物3@風景板44750-34
[33]の東隣が手打ちうどん店で、その角を南に曲がるとこんな
蔵が建っています。傷みが激しくてもったいない。
[35] e0owJZhU
建築物3@風景板44750-35
三栄源エフ・エフ・アイ(旧清水商店 大阪市中央区平野町1−4−9)

竣工:1933年
オフィスとして建てられた町家。すぐ近くにある[33]よりも
旧状がよく保たれています。
2軒東に喜久屋本店という古い酒屋があったのですが、更地
になっていました。
[36] fTR5x9zY
建築物3@風景板44750-36
漢方マルヘイ薬局(大阪市中央区道修町1−5−4)

町家を改装したと思われる漢方専門の薬局。側面を見ると、
元は蔵だったような感じもします。
[37] fTR5x9zY
建築物3@風景板44750-37
小西家住宅(旧小西儀助商店 大阪市中央区道修町1−6−9)

竣工:1903年頃 国重要文化財
旧小西儀助商店は、現在は接着剤で有名なコニシですね。
[38] fTR5x9zY
建築物3@風景板44750-38
同上

1911年の堺筋拡張時に減築された際、北東角に新たに衣装蔵が
建てられています(左端の3階建部分)。
[39] fTR5x9zY
建築物3@風景板44750-39
同上

南東から見た様子。
[40] fTR5x9zY
建築物3@風景板44750-40
高麗橋トキワビル(大阪市中央区高麗橋1−6−1)

竣工:1930年
華美なところはありませんが、横軸回転窓が渋いビルです。
[41] Ib23mT32
建築物3@風景板44750-41
三井住友銀行大阪中央支店
(旧三井銀行大阪支店 大阪市中央区高麗橋1−8−13)

設計:曽禰達蔵・中條精一郎(曽禰中條建築事務所)
竣工:1936年
典型的な昭和初期型銀行建築。日本橋の三井本館を小ぶりにした
ようなデザインですね。あちらはコリント式の列柱ですが。
[42] Ib23mT32
建築物3@風景板44750-42
同上・堺筋に面した正面入口

イオニア式のジャイアントオーダーはそばで見上げると
結構な迫力があります。
[43] Ib23mT32
建築物3@風景板44750-43
同上・高麗橋通に面した側面入口周り
[44] 9J7GRad2
建築物3@風景板44750-44
高麗橋野村ビル(大阪市中央区高麗橋2−1−2)

設計:安井武雄 竣工:1927年
正面玄関部分。全体像は下記で。
 ttp://img.jerog.com/scenery/i/1376230354783.jpg
[45] 9J7GRad2
建築物3@風景板44750-45
同上・南東角部分

古い写真を見ると、この角部にも入口があったようです。
[46] 9J7GRad2
建築物3@風景板44750-46
同上

西側から見た様子。厚みがない建物ですね。
[41]の三井住友銀行大阪中央支店と向かい合っています。
[47] ijyHzzro
建築物3@風景板44750-47
稲葉医院(大阪市中央区今橋2−2−19)

[11]の荒木蓬莱堂と同様に、道路拡張の際に軒切りされたことが
窺われます。
[48] ijyHzzro
建築物3@風景板44750-48
同上

両側とも駐車場となり、ここだけポツンと残っている感じです。
[49] ILwkKp5s
建築物3@風景板44750-49
岡三証券大阪店(大阪市中央区今橋1−8−7)

竣工:1954年
岡三証券の旧本店。戦後のモダン建築ながら、様式建築の香りが
どことなく漂う端正なビルです。
[50] ILwkKp5s
建築物3@風景板44750-50
同上

玄関上の装飾はステンレス製。レトロな照明ですが、昔からの
ものではないようです。
ページTOPへ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |   ス レ 終 了  |     このスレッドは50を超えました。
  |________|     次のお題へ移動してくださいです。。。
     ∧∧ ||
    (. ゚д゚)||
      / づΦ 

エロ党