心に残しておきたい景色、光景

風呂屋内探索:

最新の投稿へ
建築物2
 ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321
和洋を問わず、お好きな建物をどうぞ


スレ画は綿業会館の玄関周り
このスレッドは50を超えたため、書き込みできません
[1] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-1
綿業会館(大阪市中央区備後町2-5-8)

設計:渡辺節 ヘッドドラフトマン:村野藤吾
竣工:1931年 国重要文化財
貼り画は北西からの様子です。南西からは下記で。
ttp://img.jerog.com/scenery/i/1377007942768.jpg
[2] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-2
綿業会館南面
[3] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-3
西側正面玄関
[4] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-4
玄関を内側から

綿業会館は外観もさることながら、内部が豪華なことで有名なので
連貼りになりますが、ざっとご紹介します。
[5] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-5
イタリアルネッサンス調の玄関ロビー

ブロンズ像は綿業会館建設のために多額の寄付をした東洋紡専務
取締役・岡常夫氏。
[6] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-6
玄関ロビーを上から

イタリア産トラバーチンが贅沢に使われています。
[7] ZfzMK6i6
建築物2@風景板44321-7
1階エレベーターと階段
[8] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-8
綿業会館の会員食堂(1階)

天井装飾が圧巻です。
[9] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-9
透かし彫りのガラスが入ったアーチ窓(会員食堂)
[10] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-10
グリル(地階)
[11] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-11
談話室(3階)

イギリスルネッサンス初期のジャコビアン様式で、
吹き抜けの天井になっています。
[12] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-12
談話室の壁面

泰山タイルを使ったタイルタペストリーが目をひきます。
肖像画は日本綿業倶楽部の歴代会長。
[13] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-13
設計者の渡辺節は助手を使わず、自らこのタイルタペストリー
を仕上げたそうです。
[14] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-14
特別室(3階)

貴賓室とも呼ばれ、クイーン・アン様式が採用されています。
[15] 1CvV59kc
建築物2@風景板44321-15
特別室の天井装飾
[16] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-16
会議室(3階)

アンピール様式で、装飾は控えめ。
[17] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-17
会議室のドアと奥にはこういう鏡があり(貼り画は奥のもの)
鏡の間とも呼ばれています。
[18] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-18
会議室入口上部

ドア周囲には木目調の大理石が使われています([17]も同様)。
[19] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-19
アダム様式の大会場(7階)
[20] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-20
大会場の天井
[21] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-21
大会場の壁は列柱で飾られています。
[22] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-22
綿業会館旧館と新館
[23] umvrgwHd
建築物2@風景板44321-23
綿業会館新館

設計:村野藤吾 竣工:1962年
隣のビルが解体されて、側面と独特のデザインの最上部が
よく見えるようになりました。
[24] 7t1P7dWM
建築物2@風景板44321-24
名もない大正時代のビル(岐阜市)
[25] ifIrYcro
建築物2@風景板44321-25
岐阜県美濃市

うだつが上がった商家
[26] 1A9YzCow
建築物2@風景板44321-26
大阪倶楽部(大阪市中央区今橋4−4−11)

設計:安井武雄 竣工:1924年
大阪市に残る倶楽部建築では綿業会館に次いで有名です。
[27] 1A9YzCow
建築物2@風景板44321-27
大阪倶楽部(西側面)

[24]は旧日下部合資会社ではありませんか。創立者の
日下部久太郎氏の別邸が神戸市舞子に現存しています。
以前に貼った画は下記で。
ttp://img.jerog.com/scenery/i/1372514847571.jpg
[28] DTWWzBxE
建築物2@風景板44321-28
中央電気倶楽部(大阪市北区堂島浜2−1−25)

設計:葛野壮一郎 竣工:1930年
大阪市に現存するもうひとつの倶楽部建築です。
[29] DTWWzBxE
建築物2@風景板44321-29
中央電気倶楽部新館

竣工:1965年
時代が下る現代建築ですが、結構いい味が出ています。
何故、タイルの色を揃えなかったのでしょうね。
[30] inSq19Jc
建築物2@風景板44321-30
圓井雅選堂(大阪市中央区高麗橋4−4−21)

1932年創業の古美術店。オフィスビルが林立する一角([26]の
大阪倶楽部の近く)にひっそりと建っています。建物の詳細は
分かりません。
[31] inSq19Jc
建築物2@風景板44321-31
圓井雅選堂・別角度
[32] 8tmNcQlY
建築物2@風景板44321-32
錢高組分室(旧小西平兵衛邸 大阪市中央区伏見町4−2−4)

1888年築。銭高組高徳寮が正式名称だそうです。
[33] 8tmNcQlY
建築物2@風景板44321-33
錢高組分室(南西から)
[34] 8tmNcQlY
建築物2@風景板44321-34
錢高組分室(北東から)

大きな町家ですが、中の建物は殆ど見えません。
[35] s2M8jdI2
建築物2@風景板44321-35
御菓子司 高岡福信(大阪市中央区道修町4−5−23)

寛永元年(1624年)創業の老舗和菓子店。本わらび餅は絶品。
建物は、昭和レトロな、まあ看板建築みたいなものですね。
[36] s2M8jdI2
建築物2@風景板44321-36
[35]の近くの長屋

銅板張りの長屋。1階は以前は店舗だったのでしょう。
[37] s2M8jdI2
建築物2@風景板44321-37
同上・別角度
[38] EgoQaRL2
建築物2@風景板44321-38
これも[35]の近くにある銅板張りの町家。この界隈ではあちこちで
ビル建設工事が行われており、こういった町家がいつまで残るのか
と思います。
[39] EgoQaRL2
建築物2@風景板44321-39
美々卯本店別館(大阪市中央区道修町4−4−6)

仕舞屋とか大塀造などと呼ばれるタイプの町家。道に面して
店舗棟などが建てられておらず、塀になっています。
[40] EgoQaRL2
建築物2@風景板44321-40
同上・別角度

塀の奥に前栽、さらに奥に住居棟と土蔵という構成。
[41] S0jlGqic
建築物2@風景板44321-41
大阪瓦斯ビルヂング(大阪市中央区平野町4−1−2)

設計:安井武雄 竣工:1933年 国登録有形文化財
通称、ガスビル。アール・デコ的なモダニズム建築です。
向かって右側の窓の形が違う部分は、佐野正一の設計で
1966年に竣工した北館。
[42] S0jlGqic
建築物2@風景板44321-42
カーブを描くコーナー部分
[43] S0jlGqic
建築物2@風景板44321-43
ガスビル裏側
[44] 4j23nCj6
建築物2@風景板44321-44
北野家住宅(大阪市中央区平野町4−2−6)

1928年築 国登録有形文化財
ガスビルのすぐそばに建っています。
[45] 4j23nCj6
建築物2@風景板44321-45
同上・別角度
[46] 4j23nCj6
建築物2@風景板44321-46
戎屋北野ビル(大阪市中央区平野町4−3−16

竣工:1930年
北野家住宅のすぐ近くにあるので、何か関係があるのかも。
[47] xARldd1M
建築物2@風景板44321-47
旧板谷歯科医院(大阪市中央区淡路町3−6−12)

竣工:1925年頃
タイル貼りのビルに別のビルをはめ込んだかのような
ユニークな外観の近代建築。
[48] xARldd1M
建築物2@風景板44321-48
同上・北面
[49] Qi2LlfYM
建築物2@風景板44321-49
清水猛商店(大阪市中央区淡路町3−5−6)

設計:住友工作部(小川安一郎) 竣工:1924年
奥に和風の居住棟があり、表屋造りの町家と同じ構成に
なっています。
[47]の旧板谷歯科医院の北向かいにあります。
[50] Qi2LlfYM
建築物2@風景板44321-50
同上・別角度

隣のビルが解体され、奥の3階建の和館がよく見える
ようになりました。
ページTOPへ
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |   ス レ 終 了  |     このスレッドは50を超えました。
  |________|     次のお題へ移動してくださいです。。。
     ∧∧ ||
    (. ゚д゚)||
      / づΦ 

本生素人TV